Project “SAVE THE KERBEROUS”

post2

2006年1月6日生 朝霧高原に棲む1匹の狼犬
カナダオオカミの血48%の KERBEROUS(ケルベロス)
狼の本能を確実に受け継ぎながら 人々を愛し愛される心優しい狼犬
5月末に鼻から大量出血し、その後「腺癌」と確定されました
治療しなければ余命3ヶ月、治療が受けられれば年単位の生存が可能です
よりたくさんの方に幸せを届けるため、この血を守り次につなぐた
彼には生きてほしい
このような思いで SAVE THE KERBEROUSを立ち上げました
少しでも共感や賛同をいただける方は 治療費のサポートをお願いいたします
〒418-0102 富士宮市人穴654
募金専用口座 郵貯銀行 12370-53741 SAVE THE WOLF
JARMeC日本動物高度医療センターにおいて
6月17日より4週間・計10回の放射線治療を受けました
治療終了後のCT検査では随分改善が診られましたが
根治は不可能なため引き続き定期的な検査を行い
その結果に基づいた継続治療が必要です
継続的なご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>