肉食vs草食

130831cykernew 130831cyker3 130831meal

車の調子が悪いのと天気が読めないのとで、
ランには行けず家の庭を散歩です(笑)
でも一緒にいるのが嬉しいので、意外とこれで足りたりします。
ケルベロスは肉食、サイファは草食に・・・って変ですよね?

残暑?

130830ker 130830ker2

暑い1日でしたねー
最近あまりランに行けなかったので夕方行って来ました!
最初は日陰を選んで走っていましたが、
その後はテンション上がって走り回っていました(笑)
呼吸を邪魔するものがかなり減ったので楽なのでしょうね♪

JARMeC日本動物高度医療センター

130828ker2

さてドキドキの治療後初CT検査。 結果から申し上げますと・・・
最初から完治は望めないものだったのですが、 腫瘍はかなり小さくなっていました!!!
1番酷かった部位には若干残っていますが、 腫瘍が全く無くなっている部位も!
この状態をキープ出来ればベストですが、 次は11月初めにCT検査です。
きょうは全身CTだったのですが、転移も診られません。
かなり身体が大きくなったと思っていましたが、 体重は全く変わらずの45kg。
血液検査の結果も全く問題無し。
そして主治医が何より驚いていたのが、副作用からの復帰。
想定内の時期に副作用が出たというのに、
まさかすっかり治っているとは思いもしなかったそうです(笑)
「あれ?」って何回も左右を見比べて「これはすごい!」と。
そして相変わらず待合室では隣に座り、 「かっこいい!」「かわいい!」と人が集まり、
誰が来ても礼儀正しく若干甘えてみせる彼。
どうしたらこの腹黒さを好青年ぶりでカバー出来るのか?

シャンプー!

130827ker 130827ker2

キーラとアンジーがきれいにシャンプーしてきたので、 うちのふたりもシャンプー!!
洗う前は余裕のケルベロス。 濡れるとこんなに情けない姿になっちゃいます(笑)
彼は自分から川に飛び込むくせに、シャンプーは嫌い。
少しでもそばを離れると有り得ない大声でしゃべり始めます・・・

お肉の日

130824ayu 130824meat

昨日はあゆみちゃんが、
沢山のおやつやお肉を持って遊びに来てくれました!
そして半年ぶりくらいに乗りに来たYokoからもお肉!
他の会員さんからもお肉の差し入れいただきました♪
幸せなケルベロス。

130824ker

ぺロっとひと口でたいらげ食後の人参です(笑)

ボランティア活動開始!

130821home2 130821home4 130821home6

ついに実現!!訪問ボランティア!
こんなに大きい彼らを笑顔で迎えてくれてありがとう。
ホームの皆さんの心に少しでも幸せを送れていたらと願います。
この機会を大事にして、 サイファとケルベロスは前に進んでいきます♪

ラン日和

130820cyker2 130820cyker3

きょうの夕方は比較的過ごしやすかったので、
ランで元気に走り回っていました♪
ランで1番盛り上がるのは「帰るよ!」と一言発した時。
どこにいてもふたりとも、
一目散に出入り口に向かってダッシュするのですが、
基本的にケルベロスとサイファではスピードが違う。
そこでケルベロスの「走路妨害」タイムです(笑)
必死に走るサイファの右に左に走りこんで邪魔する。
これが楽しくて仕方ないらしい・・・
時々サイファに怒られますが「えへへー」と逃げる。
そんなケルベロスも他のコがサイファにちょっかい出すのは許しません!
一応兄思いの弟なのです(笑)
まぁそれは彼女(キーラ)の妹アンジーの事ですが。

食欲復活

130816ker2 130816ker3

昨日は全く食欲が無くぐったりしていたので心配しましたが、
早朝からずっと出かけて構ってやれなかった事への抗議、
「ふて寝」だったようです(笑)
きょうも早朝から出かけっぱなしで、
ランに連れて行ってあげられたのは17時半。
それでもやはり嬉しかったようで、生肉300g完食してくれました!
ただ治療後初めて呼吸に気になる異音が多かったのですが・・・
本当はアミの向こうの牛、獲りたいんだろうなぁー・・・

ちょっとだけ愚痴

130814ker4

おもちゃを義理堅く受け取りつつも、今は要らないから埋めるケルベロス。
馬屋のわきには色々な物が埋められております・・・

130814ker6

夕方は涼しくなったのでまたAnnexへ。
コンプリート・セットお買い上げくださる方が何人もいて、 本当にありがたいと思いました。
こんな細かい集金方法は論外だという方もいますが、
彼の命をつなぐために全く知らない方が協力してくださいます。
こんなに尊い行いは、その方には理解不能なのでしょう。
そしてこのような沢山のご協力を得られるのは、
ケルベロス自身の力であることは確固たる事実です。
大きくなった彼の背中、きっと頑張れる。